NAパーティ に参加して



これで4回目のパーティでした。
もちろん目的は、天野尚。


小野さんはどんな作品をつくったのだろう?
そして、今年のグランプリの作品は?
という興味以外、ごめんね、あまりないかな?
もっと、真剣に、ほかの作品も見なきゃないけないのだろうけど、
どうかな?  だから、進歩がない?


なにより審査員があきらかにした、審査員全員が5位をつけると、
それがグランプリになる。
そんな、伏魔殿のような仕組みにも飽きてきたし、
すでに、順位の価値も含めて、どうでもいいことなのかもしれない。


ただ自分の作った水景が天野尚の目に触れる。
そして、どう? てことだけ。



いろんな作品に対する、辛辣な天野の批評だけは、
彼の視点が知れてうれしい。
今でも大好きなNAを発信する氏の考えも聞けるし、
正直、まだ、あこがれがあるのかな?
その気持ちを素直な表現で表すと、たぶん、たぶんね、
天野社長とじゃれ合う、あのネギシ方の態度に近いんじゃないかと思う。




こんなつまらないブログも何年か続けてきたせいか、
少ないながらも知り合いがいて、
まれにひとづてに声もかけてくれる。


けど、誰もいない、ひとりだけの参加者 ...
たとえば、純粋に天野尚とADAが好きで、迷いに迷って、
高いお金を払って、来てくれた、
そのような方が、はたして今の内容で楽しめるのか?
それが、ひどく気になった。


にぎやかな会場で居場所がなく、意味もなくひとりの時間をすごし、
疲れたまま足早に帰る。
そんな NAパーティ にはなって欲しくない。



お得意様招待会や受賞祝賀パーティ じゃないんだから、
参加者まかせの歓談の時間が多すぎ。
だれとも話せない参加者は、きっとつらい時間を送るにちがいない。


主役は、天野尚。
以前のように、彼によるアクアリウム撮影会や、NAレイアウトの実演など、
天野尚を楽しむ場面をなぜ設けないのだろう?


個別のレイアウト診断なんて、肝心なあの場所でやることじゃない。
受付開始から、天野尚がみんなの集まるロビーに出てきてやったらいい。

壇上からの登場なんて、Do! aqua からして親切じゃないよね。



このままでは、ショップつながり、ブログつながりだけの集まりになってしまうよ。
NAパーティ は、ただの懇親会じゃないんだから。
[PR]
by another-style | 2008-09-15 22:50 | box ... ADAのこと
<< 水草の選択 08.9.13 NAパーティ ... >>